ジェシカズ・フォーミュラ

初めてのジムで失敗しないポイントは?エニタイム、コナミ、ゴールドジムそれぞれ特徴から予約や服装も解説

経験を語る

フィットネスは健康や体力の向上に繋がることはもちろん、フィジカル面だけでなくストレス解消などメンタル面でも多くのメリットがあります。

具体的にはランニングやエアロバイク、筋力トレーニング、ヨガなど様々です。
しかし初めてのフィットネスジムは分からないことが多いと思いますので、知っておくといいことを紹介していきます。

created by Rinker
SAVAS(ザバス)
¥3,879 (2022/05/27 00:51:41時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめの初心者向け大手フィットネスジム3選

ジムを選ぶ際には、料金や距離など通いやすさを考慮する必要があります。通う目的ライフスタイルに合わせて、ジム選びをするようにしましょう

ここでは人気のフィットネスジムをいくつか紹介していきます。

店舗数No.1!エニタイムフィットネス

  • 入会費5,500円
  • 月額約8,580円]

エニタイムフィットネスは日本国内外合わせて4,800店舗以上を運営しているジムで、24時間営業であるため、ライフスタイルに合わせやすいジムです。また初回オリエンテーションやスタッフによるサポートも充実しているため、初心者でも始めやすいジムの一つです。

女性が選ぶフィットネスクラブ利用率No.1!コナミスポーツクラブ

  • 入会費5,500円(+会員証発行手数料1,100円)
  • 月額約10,340円(フリープラン)

コナミスポーツクラブはマシンの貸し出しだけでなく、プールやパーソナルプログラムなど多くのコンテンツがそろっています。子供から大人まで幅広い年代の方が利用しているので、初心者でも通いやすいジムとなっています

本格派王道!ゴールドジム

  • 入会費5,500円
  • 月額約14,300円 ※関東店舗

ゴールドジムも展開数が多く、トレーナーサポートがあるので初心者でも安心して通うことができます。健康維持、ストレスの解消など目的に合わせてプランを組むことができ、様々なレベルの運動ができます。

はじめてのジム!入会に向けて知っておいた方がいいこと

ジム初心者の方が気になるジム入会から実際に通うまでの流れの中で確認しておいた方がいいことを紹介していきます。

ジム入会時に必要なもの

通いたいジムが決まり、入会の手続きに行く際に以下の4つを用意する必要があります。

  1. 入会金などの初期費用と支払い用のクレジットカード等(ジムによっては会費を2か月分先に支払うことも)
  2. 身分証明書
  3. 印鑑

実際にジムでトレーニングを行う際には上記に加え、4つを用意してください。

  1. スポーツウェア ※私服でもOK、ただし交通機関を利用する場合は着替え必須
  2. 室内用のシューズ
  3. タオル
  4. 飲み物 ※自販機や受付で購入可能

実際にジムでトレーニングを行う際には、速乾性の服で行くことをおすすめします。空調がきいているジムがほとんどであるため、半袖でも快適に過ごせることが多いです。しかし軽い運動でも汗をかくので着替えがあると安心です。
また必要であれば、イヤホン、シャワー用のシャンプーなどもあるとさらに快適にトレーニングできるでしょう。

ジムのルールを守って利用する

ジムでは、マシンを汗などで汚したままにしないように清潔に使い時間帯によってはマシンが混むことが予想されるため時間を守りながら利用するようにしましょう。

そのほかにもジムによっては、飲食の場所の制限や携帯の通話の禁止などジム独自のルールが設けられていることがあるため、利用する際には気を付けるようにしましょう。

まずはこれから!初心者におすすめのトレーニングメニュー

ジムによってはトレーナーさんがメニューを作る場合もありますが、特に初心者におすすめの筋トレメニューを見ていきます。

ウォーミングアップで怪我予防

まずはケガを防ぐためにしっかり身体を温める(心拍数を上げる&関節や筋肉を温めて動ける状態にする)必要があります。

準備体操(ラジオ体操やブラジル体操など)で簡単に体を動かした後、ゆっくり自転車をこぐ、ゆっくりランニングマシーンで走るなど、10分から30分ほどの軽い運動からまずは始めましょう。

実は初心者ほどトレーニングマシンを活用しよう

初心者の方はフリーウエイトより、まずは先にマシンを使った筋トレがおすすめです。

トレーニングマシンは、重量、シート、ポジションを調節するだけで、動きも反復動作であるため、初心者でも簡単に筋トレができます

まずはジムスタッフにトレーニング器具の使い方を聞いて、無理のない重量や回数でいくつかのトレーニングマシンを試してみましょう。

マシンで筋肉が張った…だったら有酸素運動でラストスパート

筋力だけでなく心肺機能を高めるためには、有酸素運動も行うとより効率的です。

初心者にはケガを心配が少ないバイクマシンから始めることがおすすめで、時間は初めのうちは20〜30分ほどで十分です。

ダウン

フィットネス(トレーニング)が終わった後には、しっかりストレッチすることをおすすめします。

ストレッチはケガの予防にもなり、次の日に疲れを残さないためにも、使った筋肉を伸ばすことを意識しましょう。

初めてのジムで失敗しないポイントまとめ

初めてのフィットネスジムは不安なことも多いかと思いますが、ジムスタッフやインストラクターの方などにしっかり説明してもらえるため、分からないことが多くても問題ありません。また、ジムの中では様々な人と仲良くなることもでき、交友関係のコミュニティーが広がることもあります

ジムに通うことで、一人で行うより効率的に運動することができるので、まずは勇気を出して体験入会をしてみることをおすすめします!

コメントの通知/購読設定
通知する
guest
お名前やニックネームを任意で入力できます
一般には公開されません。承認/返信通知を受取りたい場合は入力ください
あなたのWebサイト、ブログ、SNSなどのURLを任意で入力ください
2 コメント
最も評価が付いたコメント
最新のコメント順に並び替え 古いコメント順に並び替え
インラインフィードバック
コメントをすべて表示
山口敦子

コナミは近所にあるので、利用できそうです
料金等詳しく掲載されてたので参考にさせて頂きます。
まずはウエイト系よりも、ランニングマシーンがよいのですね、
ストレッチも行いたいと思います。

池ちゃん

素敵な情報ありがとうございます。私も運動不足解消にジムに通おうと考えていましたので、大変参考になりました。

2
0
記事に対するコメントはこちらx
タイトルとURLをコピーしました